2017年07月18日

MathJaxでextarrowsのように、矢印の上下に文字を書く方法

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。



MathJaxでextarrowsのように、矢印の上下に文字を書く方法。

※)extarrowsと違い、矢印の長さは調整不可です。


上側に書く
\overset{A}{\longrightarrow}で$\overset{A}{\longrightarrow}$と表示できます。

下側に書く
\underset{A}{\longrightarrow}で$\underset{A}{\longrightarrow}$と表示できます。

上下両側に書く
\underset{A}{\overset{B}{\longrightarrow}}で$\underset{A}{\overset{B}{\longrightarrow}}$と表示できます。

矢印の種類には色々あります。
表示結果MathJax対応する$\mathrm{\TeX}$
$=$=\xlongequal
$\longrightarrow$\longrightarrow\xlongrightarrow
$\rightarrow$\rightarrow\xrightarrow
$\longleftarrow$\longleftarrow\xlongleftarrow
$\leftarrow$\leftarrow\xleftarrow
$\longleftrightarrow$\longleftrightarrow\xlongleftrightarrow
$\leftrightarrow$\leftrightarrow\xleftrightarrow
$\Longleftarrow$\Longleftarrow\xLongleftarrow
$\Longrightarrow$\Longrightarrow\xLongrightarrow
$\Longleftrightarrow$\Longleftrightarrow\xLongleftrightarrow
$\Leftrightarrow$\Leftrightarrow\xLeftrightarrow






ちなみに、矢印以外にも色んな記号・文字を書くことができるのが、「\overset」、「\underset」の機能です。

上下に書く文字数に応じて、矢印の長さを変化できればと思います。


\oversetで「\Huge\frown」を使えば、弧っぽく表示できます。
$\overset{\Huge\frown}{AB}$(\Huge\frown)、$\overset{\huge\frown}{AB}$(\huge\frown)、$\overset{\Large\frown}{AB}$(\Large\frown)
(近いコマンドとしては「\widehat」位です$\widehat{AB}$)

使用例はこちらです。『楕円関数論』第一章6. 楕円積分の多価性



タグ:IT web 数式 tex MathJax


posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック