2019年10月08日

パソコンでYouTube動画を視聴するときのショートカットキー

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。



パソコンでYouTube動画を視聴するときのユーザーインターフェースのうち、

便利なショートカットキーを紹介します。

ただし、私はWindows、Chromeユーザーです。



数字キー(0〜9)再生位置を「数字$\times10\%$」に移動します。
例)0:動画の最初の場面。5:真ん中の場面。9:終わり際の場面。
Homeキー動画の最初の場面に移動する。
Endキー動画の最後に移動する(言い換えると、動画再生を終了する)。
再生リストなどの動画の場合、次の動画再生を開始する。
Shift + N次の動画再生を開始する。
音量を5$\%$上げる。
音量を5$\%$下げる。
5秒進める。
5秒戻す。
L10秒進める。
J10秒戻す。
K、Space一時停止/再開
F全画面表示/解除
I(アイ)ミニプレイヤー表示/解除
Tシアターモード表示/解除
C字幕表示/解除
Mミュート(無音声)/解除



ただし、動画のどこかをクリック(したりして、動画プレイヤーをアクティブに)している必要があるものもあります。

個人的には、再生位置を示す下の方の横線の下をクリックしています。



全画面表示の解除にEscキーが使えます。

また、自動再生をONにしている場合、再生終了後の数秒間のうちにEscキーで、次の動画の自動再生を止めます。




以下は余談であり、各ショートカットキーの由来の推測です。


「Shift + N」のNはNext(次の動画)で、動画再生に際してリスク(パケット量、ページ遷移に伴う待機時間・手間)があるため、Shiftを必要とした。

「F」はFullscreen(全画面)。

「T」はTheater(シアター)。

「C」はCharacter(文字)。

「M」はMute(ミュート)。

「J」「K」「L」について、
「戻る、停止、進む」はセットとして、キーボード上で3個の横並びになっているキーを割り当てたく、
右利きの人が多いため、右の方にあるもので、
他のショートカットキーとカブっていないものを探すと、「I(アイ)」「N」「M」は使用済みのため、
「J」「K」「L」が残った。

posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする