2017年07月03日

便利な公式辞典 〜公式を検索できるようにしました〜

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。




数学公式集 〜IT化のメリットを考察・実装できるか〜で述べた公式辞典の検索UIを考察し、実装しました。
↓↓↓
公式辞典



今回の公式辞典の検索UIについて
    1. 公式の数が膨大になったときのページ読み込み時の表示時間のため、読み込み時は公式は表示せず、「検索・表示」ボタンを押した後で表示するようにしました。
    1. AND検索とOR検索とNOT検索を同時に実行できるようにしました。
    1. 公式の名前、公式における文字・構造・関数名を検索対象としました。
    1. 公式の構造には分数、ルート、総和、総乗、ベキ乗(上付き添字)、下付き添字、三角関数のチェックボックスを用意しました。






1. 公式の数が膨大なときに、表示時間がかかることは公式に辿り着くまでの時間に大きく影響する要因であるため、必ずかかるものとして省略しました。


2. AND検索とOR検索とNOT検索を同時に実行する、というのは、AND検索の欄に入力した検索クエリはANDで、OR検索の欄はORで、NOT検索の欄はNOTで、それらの結果のANDをとる検索手法です。

各欄が空欄の場合、その検索クエリでは検索しません。



3. 公式の名前は漢字や平仮名の検索を想定していて、公式のジャンルを絞る目的に使えます。

公式における文字には、数式中の変数や数字の検索を想定していて、交差$r$や$5$次方程式の$5$などで絞る目的に使えます。

公式における構造では、種々のチェックボックスにチェックを入れることで、数式中の特徴的な構造や関数名で公式を絞る目的に使えます。



4. 公式における構造・関数名として設置したチェックボックスの種類は、現時点での公式辞典で使われている構造や関数名から考案しました。

もちろん、公式が増える際に検索UIに追加するものです。






AND・OR・NOTの検索を行うので、検索クエリに矛盾が無いよう、NOT検索の欄の入力がAND検索やOR検索の欄にあればエラーとします。

また、チェックボックスにチェックを入れると、同じ構造・関数名の他の検索手法(AND・OR・NOT)ではチェックボックスを無効化(disabled=true)します。




一応、公式における文字の欄には$\mathrm{\TeX}$のコマンドを受け付けないようにしました。

それを構造・関数名の検索で実装しているので、構造・関数名のチェックボックスで選択する形で$\mathrm{\TeX}$のコマンドを検索できることになります。



また、構造のチェックボックスの案に、$\pm$($\mp$)や$+$も考えられましたが、公式を検索するときの有用性が無いように思われたので、$\pm$は止めておきました。

文字の欄で「+」や「-」を入力すると検索はできます。




今回の実装で公式辞典において、検索対象・検索手法(AND・OR・NOT)、検索クエリ(公式の名前、公式中の文字・構造・関数名)が揃っていている状態となりました。

前回の記事に載せたようなIT化のメリット、Webページを表示して公式を探し始めてから各公式が目に入るまでが速くすることができ(検索クエリを入力せずにいきなり表示)、検索クエリによっては思わぬ項目(ジャンル)からも検索結果を得ることができる、紙のページをめくりまくらなくても良いのと同様にWebページを遷移しまくらなくても良い、といった特徴を満たしていると思います。


今後は
    1. 公式を増やす
    1. チェックボックス(構造・関数名)を増やす
    1. より詳細な数式検索を実装する
のうち、AとBを主に進めていくことになると思います。

Cについては、公式中のイコール「=」の個数(式変形の回数)、数(指定した数より大きい・小さい数を含む公式を検索)、複雑な構造・関数検索(例:ルートの中に分数があり分子にべき乗があるという構造を検索、$\sin$の引数に$\cos$がある関数を検索)などの工夫点が光ります。

ですが、まだまだ公式のサンプル数も少なく、追加する機能の要請が高まるのを待つのもありです。

さて、どんな公式を進めようかと。



ちなみに、物理学の法則・方程式については、公式辞典でなく専用のページを新規作成する目論見です。





posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする