2017年06月21日

2進数や10進数や16進数を変換! 〜基数変換てご存知?〜

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。




2進数や10進数などの基数変換を行うアプリケーションを作成しました。
↓↓↓
基数変換


とくに、2進数と10進数の変換はこちらです。
↓↓↓
2進数$\leftrightarrow$10進数変換

こっちには0〜1024までの変換表も載せています。

変換表の使い方としては、「Ctrl + F」や「F3」キーでページ内を検索できます。




本当は3進数や4進数と10進数の変換のページも作成しようかと思ったのですが、さすがにしつこいと思ったのでヤメときました。

誰損と思ったらアップします。




基数変換のページでは、2進数〜36進数までが変換対象となっています。

これは、JavaScriptで10進数から変換するメソッドで36進数まで対応しているためです。

そのメソッドとは.toString(36)です。

36進数までである根拠は、使える文字が0〜9までの10文字が10進数であり、アルファベットA〜Zの26文字を追加して10+26=36進数までが容易に考えられるためです。

16進数は0〜Eの16種類の文字を使っていて見覚えはあると思いますが、さすがに36進数は(笑)。

アルファベットの大文字・小文字やギリシャ文字も加えたり、数字の添字を使うとさらに表現できると思います。





ソースコード自体は意外なほど簡単になりました。

正整数のみ受け付けている状態ですが、小数を変換するようになると少々複雑化するようになるでしょう。

後々作ると思います(・ー・)。




タグ:IT 数学 技術

posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする