2017年06月05日

手軽で読みやすい教科書の時代 〜オンライン学習解説のサイト〜

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。




近年、教科書じゃないが、教科書に匹敵する詳しさで勉強できるサイトが増えています。

10年ほど前までは個人で趣味嗜好で書かれたものが多く、見栄え・読みやすさに考慮されていないサイトが多かったです。

しかし、アフィリエイトの浸透により、学習サイトに広告を設置する形で、読みやすさや役立ち度により読者を集めるサイトが増えてきました。

今回は、そういったサイトについて記述します。

(広告はこういうのです↓)


まず、そんな学習サイト集を載せます。


上記の全てのサイトでGoogle AdSenseの広告が設置されています。
(どこかショックです)


ちなみに、広告が無いサイトもあります。



これらのサイトは「積分 公式」でGoogle検索した20件目までをサッと見たものです。


オンライン上の学習サイトの特徴

分かりやすさについて

既存の学習方法(教科書を読む、先生に教わる)と違って、サイト上に学問分野の知識を展開するわけです。

教科書を読む場合には、ある地点まで読み進めているため、その箇所を理解するまでの準備・フリがあったはずで、それによって次々と理解していくことができるでしょう。

また、先生に教わるときには会話して質問できます。

それらの特徴をサイトの中のとある1ページは持っていません。

そのため、知識を欲している人が読んで充分に分かる説明で書いていく必要があります。

また、読者を多く獲得するために、「分かりやすい!」と思われるような記事を目指すモチベーションもあります。

どちらにしても読者にとって有用なページ・サイトはGoogle検索で上位に入るように時代が変わっていきます。
(根拠はこの辺→How Google Search Works | Overview



手軽さ

各ページに書かれている知識の解説は手軽に読めるに、自然にそうなっています。

学習のための知識をインターネットで探している人は、早くその知識にたどり着くことを目的として検索しています。

ページの中でも手早く見つけられるように、1つのトピックで1ページとしてきれいにまとめておくと読者のためです。

また、関連する知識へのリンクのまとめ方にも工夫が凝らされているとそのサイトのリピーターとなるでしょう。

広告収入を狙っている人は、多くのページが閲覧されて数多くの広告が表示された方が稼げます。

そのため、省略しがちな説明を丁寧にほどこした、短すぎないページで短いトピックが紹介されることもあります。

いずれにしても、インターネット検索から流入する多くの読者は知識体系というより知識の一部を丁寧に教えてくれるページを探していて、手軽に読めたら尚良しです。



デザイン性

ホームページのテンプレートを提供する企業が増えたこともあり、解説サイトも単純なCSSでなく、おしゃれな雰囲気で解説しているサイトが多いです。

様々なブログもデザインのテンプレートを用意していて、個人のサイトでもUXというんでしょうか、見心地を追求する時代になったと言えます。

ちなみに、2014年にHTML5というWebページのプログラミング言語の新時代となっていて、CSS3というデザイン方面の言語が進展したこともあるでしょう。



理系の記事について

現在ではページ上で数式をキレイに表示できる技術が広まっているため、充分に記事を書くことができます。

その技術は2010年に発表されたMathJaxというJavaScriptのライブラリです。
これによって、PDF作成用のプロジェクト言語$\mathrm{\TeX}$による数式をいとも簡単にページ上に表示することができます。

このような技術の発展もあって理系の学習サイトが増えてきたという背景もあります。





学習サイトを作るに心掛けること、という記事になってきたような気がしますが、学習者に伝えたいことを筆頭にサイト作成に励めばよいと思います。

黒板にしても見やすさも重要ですが、話者の表現方法や熱も重要な点だったりします。

その人柄という意味の中にデザイン性も入るのでしょう。

学習者の背景(インターネットユーザである)も踏まえつつウェブ上に学習コンテンツを載せることだと思うと、他にも教育に際しての特徴が出てくると思います。



一応、私も物理学の中の加速度が一定の場合の運動:等加速度運動の式について載せてみました。
等加速度運動の式


さて、いかがなものでしょうか。

今後の作成の中で気付いて、少しずつ反映させていければと思います。



posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする