2017年05月04日

MENSA会員の活躍

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。




[2017年5月21日更新]
Most Othello (reversi) boards memorised

JAPAN MENSAの公式Facebookアカウントによると、会員の方がギネス記録を達成されたそうです。

JAPAN MENSAは世界最古の高IQ団体の日本支部で、テレビでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
(IQに関する記事はこちら。IQ(説明、テスト、団体、人)

宮地さんという会員の方が、様々なオセロの盤面を1分間ずつ見つめて、何面覚えていられるか、という競技に挑戦されました。

盤面とは、オセロの台の上に並べられた白と黒の石の並び方です。
例)


宮地さんが成功されたチャレンジを説明します。
宮地さんをM、挑戦の立会人をGとすると、
M:1枚目を1分間見つめる
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
M:2枚目を1分間見つめる
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
M:3枚目を1分間見つめる
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
M:4枚目を1分間見つめる
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
M:5枚目を1分間見つめる
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
M:6枚目を1分間見つめる
M:記憶した6枚の盤面を、オセロの台の上に並べることで答える
G:判定する

というチャレンジだそうです。。(いけますか?)

上の手順の中で、
M:振り返る
G:盤面を入れ替える
の時間が気になります。


ギネス記録のサイトで検索すると、「with no break in between」とあったので、1分経過すると次の盤面にパッと切り替わる感じです。
Most Othello (reversi) boards memorised | Guinness World Records

そして、みやじさんと思っていましたが、みやちさんのようです(^_^;)。


さて、この競技の練習ができるアプリケーションを作ってみます。

JavaScriptで明日にでもアップすると思いますので、お楽しみに。

作成しました〜
↓↓↓
オセロの盤面全体を覚えようとしたことはありますか? 〜オセロ盤面記憶のギネス記録に挑戦〜



【追記】2017年10月31日に大野元郎さんにより10面で更新されたそうです。










書き時計

上記のJAPAN MENSAの記事によると、ほかにも「書き時計」なる時計を製作された会員の方もいらっしゃるそうです。

探してみると、YouTubeに全く同じ「書き時計」と称された卒業制作がアップされていました。
(その会員の方と同一人物かどうかは)


いろいろ感想:
・「書き」が手書きの感が出て、「書き時計」らしい。
 人の書き癖を記憶できればいいかも。

・時刻を書いているボードが、子どもの頃の磁石が原理の、何度でも書けるお絵かき板そのもののようだった。
調べてみると、お絵かきボードというそうです。
磁石 お絵かきボード ペン - Google 検索

・周囲の木製部品が書くためのパーツとして必要なのだろうと思うが、芸術的な雰囲気が漂う。

・ 製作者の鈴木さんがパーツを糸ノコギリで切るところが大変だったとのことで、全体を見るとそう思える。

・「書き」のための動作が人間の指や腕のような細かな所作を再現するからだろうか。

・\[ \mathrm{plock}\ =\ \mathrm{plot}\ +\ \mathrm{clock} \] というネーミングが分かりやすい。


タグ:技術 IQ

posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする