2017年04月12日

「超ハイスピード数式表示のJSライブラリ」KaTeXの登場

応援クリックを1日1回宜しくお願いいたします。



とてつもない速さで数式表示を行うJavaScriptのライブラリが登場しました(いつの間にか登場していたことを知りました)。
$\mathrm{\TeX}$の数式コマンドから数式表示を行います。

MathJaxとの比較実験のページを見ると、MathJaxの20倍の速さで数式表示しています。

しかし、今やWebページ上の数式表示といえば、MathJaxが最高の地位を占めていると思います。

Sponsorsにあるように、アメリカ数学会やIEEEなどなど錚々たる団体がMathJaxを支援しています。

また、KaTeXにはMathJaxのような、数式箇所の右クリックで数式コマンドを表示する機能がありません。 (ただし、JavaScriptで工夫することは可能)

$\mathrm{\TeX}$への対応はMathJaxの方が優れています。 (「\mathrm{ }」や「\boldsymbol{ }」や「\TeX」など)

ですがやはりKaTeXが、MathJaxの抱える目立ったデメリットである数式表示の時間の長さを克服している点は大いに評価できます。
簡易な$\mathrm{\TeX}$コマンドのみの場合、KaTeXを使った方が良いでしょう(ページ閲覧者のため)。







せっかくなので、KaTeXとMathJaxの性質を表にまとめてみました。
KaTeXとMathJaxの性質
特徴KaTeXMathJaxURL
対応言語$\mathrm{\TeX}$、AsciiMath$\mathrm{\TeX}$、MathML、AsciiMathKM
表示速度×Demo
コマンド表示× 
発表年2013年6月30日2010年7月25日KM
$\mathrm{\TeX}$への対応$\triangle$ 


$\mathrm{\TeX}$コマンドへの対応が多くなされているという理由で、本ブログではMathJaxを利用していきます。
Powered by MathJax

ちなみに$\mathrm{\TeX}$はこちら。



Special thanks to にっき♪: KaTeXの検索結果



posted by Line Segment at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする